高崎市と前橋市のどちらが住みやすいのか

トップページ
お気に入りに追加
  

高崎市と前橋市のどちらが住みやすいのか

群馬県の2大都市と言えば、高崎市と前橋市ということになります。

片田舎に住んでみたいという人は別として、それなりの生活インフラが整っている場所に住みたいというならば、群馬県ではまず高崎市と前橋市が候補に上がってきます。

 

両市ともにしっかりとした生活インフラが整っている都市ですから、生活に不便を感じるということはまずないでしょう。

県庁所在地である前橋市と交通の要衝である高崎市とでは住んでいる人口の拮抗しており、どちらが自分にとっては住みやすいかは自分の条件がどのようであるかが問題となります。

 

首都圏に通勤が必要であるという人や首都圏にかなりの頻度で出向く必要があるという人はやはり高崎市ということになるでしょう。

東京までなら新幹線を利用すれば1時間くらいしかかかりません。

 

それに首都圏に行くというならば湘南新宿ラインを利用するという手もあります。

自動車でも高速道路の要衝が高崎市ですから、交通面が条件として優先される人はやはり高崎市ということになるでしょう。

 

交通面では高崎市に劣る前橋市ですが、群馬県で腰を落ち着けて生活するには前橋市に軍配が上がります。

前橋市は県庁所在地ですから、地元の有名企業や大企業の支店や支社が多くあります。

 

それに、高崎市と比べて見ると同じような人口の都市にもかかわらず、賃貸相場や土地相場が高崎市に比べるとリーズナブルな場所が多いといえます。

交通面が条件として優先されない人は前橋市も魅力ということになります。